トモ清水に学ぶアブ・ガルシアのベイトフィネス用ロッド&リールでライトロックフィッシュゲーム『キジハタ(アコウ)・カサゴ爆釣動画集』

トモ清水に学ぶアブ・ガルシアのベイトフィネス用ロッド&リールでライトロックフィッシュゲーム『キジハタ(アコウ)・カサゴ爆釣動画集』

これまで何回かご紹介した通り、アブ・ガルシアのロッド・リールはロックフィッシュゲームで絶大な人気を誇ります。

大型のキジハタ(アコウ)などを狙う、ハードロックフィッシュゲームのタックルで人気のアブ・ガルシアですが、ソルト用ベイトフィネスタックルのラインナップも豊富にあります。

初心者の方でも簡単にアクセスできる漁港やゴロタ浜などで、小型のキジハタ(アコウ)やカサゴなどを狙った、ベイトフィネスタックルで楽しむ、ライトロックフィッシュゲームが近年人気になりつつあります。

そこで今回は、アブ・ガルシア(ピュア・フィッシング・ジャパン)でソルトウォーターロッドの開発を担当している『トモ清水』さんから学ぶ、ベイトフィネスタックルを使用したライトロックフィッシュゲームの動画をご紹介します。

 

ベイトフィネスって何?という方はまずセッティングやキャスト方法などを解説している動画をご覧ください

SALTY!2016年7月号 1から始めるベイトフィネス

 

SALTY!2016年6月号 ベイトフィネス超入門

ハードロックフィッシュゲームでは、最低でも10g以上のシンカーを使う釣りですが、ベイトフィネスタックルを使用したライトロックフィッシュゲームでは、3g程度の軽量シンカーでも普通にキャストできるんです。

それでも、しっかりとしたブレーキセッティングをしなければ十分な飛距離を出せなかったり、通常のベイトリールよりもトラブルが深刻化する場合がありますので、適切はマグネットブレーキやメカニカルブレーキの設定を行うことがキモになります。

 

京都府・福井県・石川県の日本海側でキジハタ(アコウ)やカサゴがベイトフィネスで大爆釣!必見の動画集

トモ清水のベイトフィネスでライトロックin若狭湾-前編

 

トモ清水のベイトフィネスでライトロックin若狭湾-後編

 

ベイトフィネスでライトロックゲーム-トモ清水

 

ベイトフィネスでライトロックゲーム~清水智一

京都府や福井県、石川県の日本海側は、サイズを問わなければキジハタ(アコウ)の数釣りが楽しめます。

舞鶴市・小浜市・敦賀市に面する若狭湾は、潮の流れが穏やかで初心者でも釣りがしやすい漁港がたくさんあり、神戸・大阪・京都・名古屋からも、少し足を延ばせばアクセスできますので、ライトロックフッシュゲームにはうってつけの場所です。

 

小型のロックフィッシュだけでなく大型のロックフィッシュも釣り上げる凄腕のトモ清水さん

デカイ魚を捕るなら専用のヘビータックルを使い倒せ!~清水智一

46.5cmの大型のキジハタ(アコウ)を釣り上げた動画もあります。

その他にも、エギングやタチウオ(ワインド)、シーバスなど、色々なソルトフィッシィングをこなせる、凄腕の持ち主なのがトモ清水さんです。

 

アブ・ガルシアから選ぶおすすめのベイトフィネスリール&ロッド


※出典:Revo ALC-BF7 (レボ エーエルシー BF7)

数多くある、アブ・ガルシアから発売されているベイトフィネスリールの中で、最もおすすめなのが、2016年4月に発売された『Revo ALC-BF7 (レボ エーエルシー BF7)』です。

  • ギア比:7.1:1
  • 最大ライン巻取量:71cm
  • ラインキャパ:8lb:50m
  • 最大ドラグ力:7kg
  • 自重:141g

自重141gの驚異的な軽さと、軽量リグをキャストするために考え抜かれたブレーキシステム、他にもアルミフレームやソフトなクラッチ、パーミングがしやすいようにロープロ化されるなど、ベイトフィネスのためだけに作られたベイトリールとなっています。

しかも、実売価格が結構安くてお買い得です。

 


※出典:SALTY STAGE KR-X Baitfinesse Custom(ソルティーステージ・KR-X・ベイトフィネスカスタム)

アブ・ガルシアから発売されている、ライトロックフッシュゲーム用におすすめのベイトフィネスロッドは、SALTY STAGE KR-X Baitfinesse Custom(ソルティーステージ・KR-X・ベイトフィネスカスタム)シリーズです。

その中でも、最もおすすめなのが、私自身も使用している『SBFC-782LT-KR』です。

  • 全長:7’8″/234cm
  • 自重:126g
  • ルアー:2~18g
  • 適合ライン:6~12lb

KRコンセプトガイドが使われたマイクロガイドシステムで、軽量で扱いやすいく、5g前後のシンカーが気持ちよくキャストできます。

バットにはXテープラッピングがされていて、少し大きめのサイズがかかっても引き寄せられるパワーがあります。

実売価格が、1万円台で買えるのも魅力的です。

 

まとめ

ロックフィッシュと言えば、ガチガチのベイトタックルを組んだ、大型の個体を狙うハードロックフィッシュゲームが魅力的ですが、ベイトフィネスタックルとバッグ一つ持って、漁港などで気軽に狙うライトロックフィッシュゲームも魅力の一つです。

また、西日本では、キジハタ(アコウ)などのハタ系ロックフィッシュのシーズンが終わる晩秋から冬にかけて、大型のカサゴが産卵シーズンを迎え、それを狙う時にもベイトフィネスタックルは重宝します。

ウサギアイナメや大型のソイがいない関西地方でも、メバル用タックルと、カサゴ用ベイトフィネスタックルがあれば、1年を通してロックフィッシュゲームを楽しむことができますので、この機会にぜひ検討されてみてはいかがでしょうか?

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

オススメ記事&スポンサードリンク

ハードロックフィッシュ用タックル一覧

メバリング用タックル一覧

ロックリンクオリジナル製品


ロックリンクネットショップ


ロックリンクYouTubeチャンネル

ロックリンクTV

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


最新情報をお届けします
いつもロックフィッシュ.LINKをご覧いただきありがとうございます。
Facebook、Twitterを通じて、少しでもお役に立てる情報をお届けできればと思います。
「いいね!」をして頂いたり、twitterをフォローして頂けると、
皆様に最新の情報や新しい記事などをいち早くお届けできますので、
是非、よろしくお願い申し上げます。
 いいね!をする  フォローをする