2018年新登場 生まれ変わったガルプ!『ガルプ!って一体何?なぜ釣れるの?』

2018年新登場 生まれ変わったガルプ!『ガルプ!って一体何?なぜ釣れるの?』

2018年、全国で開催されたフィッシングショー(釣具見本市)では、数多くの新作ロッド・リールやルアーなどが発表・展示されていました。

その中でも、ひときわロックフィッシュファンの注目を集めていたのが、生まれ変わったガルプ!として発表された、新生(リニューアル)ガルプ!です。

ただでさえ、エサ並み・反則級に釣れるガルプ!シリーズが、さらに釣れるようにパワーアップして2018年に発売されることが決定しました。

とその前に、ガルプ!って何?という方は、ガルプ!とは一体何なのか?釣れる理由や効果も見ていきたいと思います。

 

Gulp!(ガルプ!)は20年以上の歳月を費やして完成させた驚異的なニオイと味を放出するワーム

※出典:ガルプ!の部屋

ガルプ!とは、使ったことがある人はすぐにピンっとくる、皆からガルプ臭と呼ばれるほど有名で強烈なニオイと味を染み込ませたワームです。

エビや練りエサのようなニオイではなく、例えるなら、よっちゃんイカや都こんぶのような酸っぱい系のニオイです。

この酸っぱい系のニオイは、人間からするとただ臭いだけですが、魚からすると強烈に美味しそうなエサのニオイで、ものすごくお腹が空いている時に嗅ぐ焼肉のニオイみたいな感じです。

お店では、そのニオイと味の成分がふんだんに配合された液体にワームを漬け込まれた状態で売られています。

実際には、他のワームと同じように袋に入った状態で、少量の液体に漬かっていますが、イメージ的には、瓶詰のピクルスや果物の缶詰みたいな感じで保存しておかないといけませんので、ガルプ!を愛用している人は、別の容器に入れて使用している人が多いです。

 

ニオイを水中で拡散させる能力がズバ抜けて高いのが他のワームとの最大の違い

じゃあ、ガルプ!のニオイ(汁)を他のワームにも着けたら同じように釣れるんじゃない?と思うかもしれませんが、そう簡単に真似できるものではなく、ガルプ!の凄いところは、ワームの素材にあります。

私も経験済みですが、他のワームをガルプ汁に漬け込んでみると、そのほとんどがブヨブヨに膨張してしまったり、溶けてしまったりし、ニオイを染み込ませることができても、元の形を維持することが難しくなります。

しかし、ガルプ!に使用されている素材(ワーム本体の)は、ウォーターベースポリマーで出来ていて、形状を崩すことなく、スポンジのようにニオイを染み込ませ水中で拡散させることができるのです。

20年以上の歳月を費やして完成させた、ウォーターベースポリマーのボディ素材とウォーターベースリキッド(ガルプ汁)が組み合わさることで、普通のプラスチックワームの400倍以上のニオイを拡散する能力がガルプ!の最大の特徴とも言えるのです。

しかも、天然成分を用いた環境に優しいマテリアルなので、水中のバクテリアによって分解されます。

 

キャッチレートが30%もアップした2018年発売の生まれ変わったガルプ!

※出典:バークレイ

そして、驚異的なニオイと味を拡散させる特殊なワームがリニューアルされることとなり、生まれ変わったガルプ!として2018年に発売されます。

2017年末頃、突如として発表された「ガルプ!終了」のニュース。

号外(新聞)が出るほどの衝撃がガルプ!愛好家の方達に伝わり、これからどうすればいいんだと頭を抱える人が続出。
※パロディでした。

そんな中発表された、生まれ変わったガルプ!は、どこが生まれ変わったのでしょうか?

 

液漏れがしにくくなった進化したパッケージ

これまで開封後はすぐ、別容器に移し替えないといけないぐらい液漏れが頻発していたパッケージがリニューアルされ、2重のジップとマチが広がり深みのあるパッケージに変わりました。

これにより、液漏れしにくく型崩れ(クセが付きにくい)がしにくいパッケージに進化しました。

 

プルプル感が増した素材で食い込みの良さや耐久性がアップ

新フォーミュラ配合(新しい素材)され、プルプルした素材になり食い込みの良さや耐久性がアップしています。

実際に触ってみた感じでは、劇的な変化とまでは言わないものの、プルプルというよりはモッチリした感じになったように思います。

スタッフの方に話を聞いたところ、プルプル感を出しているのはベビーサーディンなどの小さめのワームで、ロックフィッシュ用はモッチリしたように作り、耐久性をアップさせているようです。

それにより、食い込みの良さと針持ちが良くなっています。

 

ハンター塩津さん監修のアジャストハント3.2インチが新たに発売

素材やパッケージだけでなく、新しいシェイプも加わります。

1番の注目は、ロックフィッシュハンターの塩津さんが監修し開発された『アジャストハント3.2インチ』です。

パドルテールのようになっていて、テール部を千切れば二股のクロー系ワームにもなり、オールマイティに使える期待のワームです。

 

入り数や値段や新カラーなど発表されていないが変更があるかも?

展示されているパルスクローを見ていると、「あれ?白ってあったっけ?」

展示されているパッケージを見ていると、「入り数7本入りだったっけ?」

など、詳しい情報は発表されていないので憶測ですが、素材やパッケージ以外にも、入数や値段の変更や新カラーの登場があるかもと予想しています。

 

生まれ変わったガルプ!は2018年春に発売予定『既存のガルプ!は今が買い時かも?』

生まれ変わった新しいガルプ!の発売は2018年春に発売予定となります。

また、2017年末頃に生産終了と発表されたこれまでのガルプ!は、新しいガルプ!と入れ替えるために、これから春にかけて値下げして売り出される可能性が高いので、今が買い時かもしれません。

Amazonで検索する

 

まとめ

  • Gulp!(ガルプ!)は20年以上の歳月を費やして完成させた驚異的なニオイと味を放出するワーム
    ニオイを水中で拡散させる能力がズバ抜けて高いのが他のワームとの最大の違い
  • キャッチレートが30%もアップした2018年発売の生まれ変わったガルプ!
    液漏れがしにくくなった進化したパッケージ
    プルプル感が増した素材で食い込みの良さや耐久性がアップ
    ハンター塩津さん監修のアジャストハント3.2インチが新たに発売
    入り数や値段や新カラーなど発表されていないが変更があるかも?
  • 生まれ変わったガルプ!は2018年春に発売予定『既存のガルプ!は今が買い時かも?』

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

オススメ記事&スポンサードリンク

ハードロックフィッシュ用タックル一覧

メバリング用タックル一覧

ロックリンクオリジナル製品


ロックリンクネットショップ


ロックリンクYouTubeチャンネル

ロックリンクTV

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


最新情報をお届けします
いつもロックフィッシュ.LINKをご覧いただきありがとうございます。
Facebook、Twitterを通じて、少しでもお役に立てる情報をお届けできればと思います。
「いいね!」をして頂いたり、twitterをフォローして頂けると、
皆様に最新の情報や新しい記事などをいち早くお届けできますので、
是非、よろしくお願い申し上げます。
 いいね!をする  フォローをする