京都の地磯で真夏のキジハタ(アコウ)ゲーム!シャローがダメならディープを攻めよう

京都の地磯で真夏のキジハタ(アコウ)ゲーム!シャローがダメならディープを攻めよう

今回は、キジハタ(アコウ)狙いで、京都府の地磯で釣行して参りました。

8月一発目の釣行は、やや苦戦するものの、狙う場所を変えてみると、真夏の日中でもキジハタ(アコウ)をヒットさせることができました。

8月3日・海水温27.5度・中潮・風適度にあり

  • 8月3日
  • 気温:33度
  • 海水温:27.5度
  • 潮:中潮
  • 風:2m〜5m
  • 天気:晴れ
  • 釣行時間:11:00〜18:00

8月に入り、いよいよキジハタ(アコウ)シーズンも中盤戦になりました。

梅雨が明けてから晴れの日が続き、連日30度を超える真夏日で、海水温も27度を超える日が毎日のように続いています。

そんな、1日の中で最も気温が上がり、人間も魚もバテてしまうような日中に釣行すると、どのような結果になるのか?

 

漁港に車を止め山道を歩いてたどり着く潮通しの良い京都府の地磯

釣行したポイントは、近くの漁港に車を止め、山道を歩いてたどり着く京都府の地磯です。

山道と言っても、軽トラックが通れるぐらいに舗装された道を歩いて行くので、比較的アクセスしやすい地磯です。

ただ、朝マヅメや夕マヅメになると、鹿やイノシシなどの野生動物が出没することがあるので、注意が必要です。

以前、6月の中旬と下旬にも訪れたことがあり、その時は、地磯の奥側の根の荒いシャローエリアでキジハタ(アコウ)やカサゴが数多くヒットしたのですが、この日は全く反応がありませんでした。

それどころか、エサとなるベイトフィッシュも全くおらず、6月に訪れた時とは状況が一変しているようです。

おそらく、海が連日の照りつける太陽に熱せられたため、最も影響の受けやすいシャローエリアの急激な水温変化などの影響で、魚たちがシャローエリアから離れてしまったのではないかと考えられます。

 

地磯手前側のミオ筋があるディープエリアに移動

シャローエリアには魚がいないと判断し、地磯の手前側のディープエリアに移動してきました。

上記の写真奥に見えるのが漁港で、正面は船が通るミオ筋になっているため、海底が深く掘られ水深10m以上あります。

先ほどのシャローエリアより地形の起伏はありませんが、ミオ筋に絡むブレイクや藻場があったりするので、そこを重点的に狙っていきます。

 

ディープエリアをスイミングで狙うと次々に反応するキジハタ(アコウ)

シャローエリアでは全く反応がなかったのですが、ディープエリアに移動後すぐに反応がありました。

ミオ筋の中間あたりの一番水深が深くなっているポイントでのヒットです。

ワームカラーを変更し、同じポイントを探って行くと、かわいいサイズがヒット

続け様にもう1本がヒットします。

シャローエリアでは、シャッド系・グラブ系・クロー系のワームで探っても全く反応がなかったのですが、ディープエリアを探ると、次々にキジハタ(アコウ)がヒットしました。

やはり、海水温が安定しているディープエリアに魚が集まっているようです。

 

追い食いしてくるほどの活性が高い個体もいる

その後、同じようにスイミングで探っていると、手前側のブレイクでフォール中に一気にラインが持って行かれ、慌ててフッキングするも乗らず、そのまま再度着底させ巻き始めると、ドンっと大きなアタリがありフッキングします。

今度は上手くフッキングできたので、手前側のブレイクにラインが擦られないように一気に上げてくると、この日最大サイズのキジハタ(アコウ)でした。

フォール中に食ってきたのが、そのまま追い食いしてきたようです。

基本的には、夜の方が活性が高くなると言われているキジハタ(アコウ)ですが、朝マヅメ・夕マヅメでもなく、真夏の日中でも、追い食いしてくるほど活性が高い個体もいるのです。

この日ヒットしたルアーは全て、スナッチバイトシャッドとロックリンクシンカー14gのスイミングです。

 

吐き出したベイトからもわかる通りベイトもディープエリアにいる

波打ち際の水たまりで少し休ませていると、消化しかけた小アジらしきベイトを吐き出しました。

このような真夏の暑い日中でも、キジハタ(アコウ)は小魚系(ベイトフィッシュ)を捕食しているようです。

と同時に、エサとなるベイトフィッシュも暑さから逃れるために、ディープエリアを回遊していることもわかりました。

 

夕マヅメにヒラマサ?の稚魚がヒット

夕マヅメまで粘るもキジハタ(アコウ)はヒットせず、何か釣れないかなとマイクロメタルジグ7gを投げていると、ヒラマサと思われる稚魚がヒットしました。

釣果情報を見てみると、この辺りの地磯で、カンパチの稚魚なども上がっているようなので、潮通しが良い証拠とも言えますね。

 

当日のキジハタ(アコウ)釣行動画(YouTube)はこちらです

ロックリンクTV

この日の釣行動画はこちらになります。

YouTubeチャンネルも開設しておりますので、ご興味ある方はチャンネル登録お願いいたします。

 

使用タックル

スピニングタックル
ロッド:Daiwa HRF KJ 85MS
リール:Daiwa セオリー2510PE
ライン:DUEL スーパーXワイヤー 1号
リーダー:14lb

ベイトタックル
ロッド:Daiwa HRF AIR KJ 82HB
リール:テイルウォーク エランPG 81R
ライン:DUEL Armored® F+ Pro ロックフィッシュ1.5号
リーダー:20lb

今日のHITルアー
ルアー:マグバイト スナッチバイトシャッド3インチ
フック:ささめ針 LTオフセット#1/0

この日使用したシンカーとブレードは、ヤフーショップ内で販売しておりますので、そちらも合わせてご覧ください。

ロックフィッシュ用激安タングステンシンカー

Rock Link ヤフー店

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

オススメ記事&スポンサードリンク

ハードロックフィッシュ用タックル一覧

メバリング用タックル一覧

ロックリンクオリジナル製品


ロックリンクネットショップ


ロックリンクYouTubeチャンネル

ロックリンクTV

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


最新情報をお届けします
いつもロックフィッシュ.LINKをご覧いただきありがとうございます。
Facebook、Twitterを通じて、少しでもお役に立てる情報をお届けできればと思います。
「いいね!」をして頂いたり、twitterをフォローして頂けると、
皆様に最新の情報や新しい記事などをいち早くお届けできますので、
是非、よろしくお願い申し上げます。
 いいね!をする  フォローをする